交通事故によるむち打ち

lv

交通事故によるむち打ち

きららブログ

2018/09/07 交通事故によるむち打ち

交通事故によるむち打ち症は原因と症状から幾つかに分類されますが、

事故によるものの7~8割は「頚椎捻挫型」と言われます。

 

追突などで衝撃を受けることで、

首の筋肉やじん帯、関節包(関節を包む組織)が損傷してしまうのが

「頚椎捻挫」です。

 

首の動作時痛、吐き気、めまい、頭痛。 首や肩、背中の強い凝り。

腕や指への痺れ感などさまざまな症状があります。

 

事故直後は動転し興奮状態にあるため痛みの感覚が麻痺しているために

その症状を強く感じることが少ないですが、時間が経つにつれ痛みが

顕著になってきます。

 

交通事故に遭ってしまったら、痛みの度合いにかかわらず、

まずは医療機関を受診しましょう。

 

事故による損傷であることを示す診断書がないと

人身事故として扱われず、むち打ち症に対する損害補償を

受けることができなくなる可能性があります。 

 

早期の治療開始が回復への近道です。

 

当院ではむち打ちなど交通事故治療でわからないことがあれば

無料で相談を受付ますのでお気軽にご相談下さい。

 

板橋区 大山駅 交通事故治療 むち打ち 自賠責対応
板橋区大山町15-10 コアンドリュはっとり           

大山きらら整骨院  03-3530-1800

 

imagesn3vd3dto

TOP