よくあるご質問

lv

よくあるご質問

交通事故でよくあるご質問

症状について

Q

交通事故が原因の症状であればどんな部位でも施術してもらえるんですか?

A

はい、交通事故当初の診断書箇所に基づいて施術します。

ただ、「むち打ち」はケガをした当初はさほど気にならなくても、数日経ってから痛みが増してくる事が多いです。
保険会社では診断書に記載されてない部分は後に痛みが生じたり、強くなっても治療対象としてくれません。ですから骨に異常が無くても「画像には映らない痛みや違和感」がある場合には、その身体の部分をお医者さんに伝えましょう。

お医者さんも画像に映らない痛みや違和感は、患者さまの症状の訴えが無い限りは推測で治療を必要とする箇所の診断をする事ができませんね。

Q

症状が軽い場合でも保険で交通事故治療が受けられますか?

A

もちろん可能です。
交通事故で人身事故が原因であれば、症状の程度を問わず、しっかりと回復に向けて治療をしましょう。

Q

事故に遭った日は、気が動転していたので大丈夫でしたが、数日後に首や腰、肩などに痛みなどの違和感が出てきましたが、今から施術はできますか?

A

大丈夫です!
ただし、事故を受けた時点ではたぶん「物損事故扱い」という形になっているかと思いますので、警察で「人身事故扱い」への変更の手続きをすることが必要です。
それにはまず
① 病院等で受診して診断書をもらってください。
  <当院でも整形外科をご紹介しますのご安心ください>
  ※痛みのある部分は遠慮せず医師に申し出ましょう。
   保険会社では診断書に記載されない箇所の治療は認めてくれません。
② 警察に診断書を持って「人身事故扱い」の届け出をしてください。
③ 相手の保険屋さんに「けがの治療」をしたい旨を連絡してください。
④ 当院に連絡ください!

詳しい状況を一度聞いた上で、的確なアドバイスをさせていただきます。
まずは当院にご相談ください。
       

保険について

Q

自賠責保険で病院と整骨院と同じ時期に両方施術を受けることは可能ですか?

A

問題ありません。
当院では、定期的なレントゲン等の画像確認は整形外科等で行い、治療は当院で継続する患者さまがほとんどです。
「治療」と「定期検査」を上手に活用すると安心ですね。

Q

保険会社から「そろそろ通院を終わらせませんか?」と言われます。

A

回復への進行具合はご本人が決めることで、保険会社に強制的に終わらせる権利はありません。

ですから、保険会社からそのような事を言われても、ご自身の症状をはっきりお伝えする事が大切です。

ケガを受けた痛みはご本人しか分かりませんね。

Q

保険会社が薦める病院等の医療機関に行く必要はありますか?

A

その必要は有りません。
仮に保険会社に指定されたとしても、治療機関の選択権はケガを受けた患者さま本人の自由意思にあります。

自分で納得できる治療機関を選んで、早期回復のため治療に専念しましょう。

Q

自賠責保険の面倒な手続きは自分でやらないといけないですか?

A

交通事故治療・むち打ち治療に関する保険会社との手続きは当院で行います。

安心して治療に専念してください。

Q

保険会社が自賠責ではなく、健康保険証でかかるよう指定してきたのですが?

A

自賠責保険、健康保険の選択権は基本的に本人にあります。
保険会社に指定する権利はありません。

Q

交通事故の際、整骨院でも「自賠責保険」で施術が受けられますか?

A

整骨院でも病院、整形外科と同じように受診可能です。
他の病院等で治療途中であっても、転院も可能です。
自賠責や任意保険を使用している期間中は、施術費用の負担はありません。また、保険会社の補償の対象になります。安心して通院いただけます。

Q

交通事故に遭い加害者や保険会社から「きちんと補償しますから物損事故扱いでお願いします」と言われました。「物損事故」扱いと「人身事故」扱いではどのような違いがあるのですか?

A

「人身」と「物損」では「損害補償」が大きく変わります。
それは、「物損」には「慰謝料」や「休業補償」が無いからです。
保険会社の「面倒でしょう?」という言葉に惑わされて手続等の手間を惜しんだり、また周りの状況に左右されることなく、「人身事故」扱いにしてしっかりと治療を行い、身体的及び精神的補償を受けましょう。
被害者として保障された権利です。

Q

助手席に乗っていた場合でも、保険は適用されますか?

A

ご安心ください。助手席に乗っていた方も当然「自賠責保険」は適応されます。
交通事故の衝撃は突然予期せぬ方向から発生するため、助手席に乗っていた方の方が運転者より症状が重いことが多く見られます。
当院が、完治するまで責任を持って最後までサポートいたします。

書類について

Q

なぜ診断書が必要なのでしょうか?

A

まずは病院・整形外科等でレントゲンなどで「事故による骨の損傷」の検査をしなくてはいけませんね。その診断書が後に事故の賠償請求に必要となります。

ただ、ここで忘れてはいけないのは、骨に異常が無くても「画像には映らない痛みや違和感」がある場合には些細なものでも遠慮せずにお医者さんに伝える事です。 
保険会社では痛みがあっても診断書に記されていない箇所は、保険治療ができない事もありますのでご注意ください。

Q

初めて来院する際に提出書類はなにか必要ですか?

A

特に必要はありませんが、既に整形外科で診断書をだしてもらっている場合はそれをお持ちください。

まだ病院へ行かれていない方は、当院提携の整形外科をご紹介します。

保険会社に当整骨院で交通事故治療を受ける旨をお伝え頂ければ、後の手続きは当院で行います。

その他

Q

どのような施術をするのですか?

A

当院は、「手技」施術に特化しており、身体に優しく「治癒力を向上させる」施術をいたします。
「ボキボキ」鳴らしたり、瞬間的に強い圧を加えたり、痛みを伴ったりするような治療は一切行いません。 「効果的かつ安全な施術」をモットーとしています。
機器を用いた物理療法は画一的ですが、「手技」療法は施術者の手法によって効果の出かたが様々です。
受傷直後の「炎症期」でも、症状に応じた施術をしますので、ご安心ください。
また、むち打ちと同時に受けてしまった「打撲」「ねんざ」「その他のケガ」も、しっかりと対応いたします。
交通事故治療は、技術と実績の当院に安心してお任せください。

Q

整形外科に通院しているのですが、転院は可能ですか?

A

何の問題もなく転院可能です。
治療機関の選択権はケガを受けた患者様本人にあります。自分で納得できる治療機関を選んで、 早期回復のため治療に専念しましょう。

Q

整骨院と病院や整形外科にはどのような違いがあるのですか?

A

病院等ではレントゲンなどで「検査」を行い、骨の損傷がある場合には「手術」「薬の処方」「注射」などの「外科的治療」を行います。
整骨院では「外科的治療」を行うことはできませんが、病院等のレントゲン診断では「異常なし」と言われた、むち打ち症などの関節、筋肉や神経の炎症等から来る痛みや違和感に対して、症状に合わせて段階的に、「手技療法」「マッサージ」「物理療法機器」などの施術をしていきます。当院でも実際に

 

  • 病院では、むち打ち症をあまり本気で診てくれない」
  • 検査以外には湿布と薬を処方してくれるだけ
  • 「痛い」と言っても、「骨には異常はないから、様子を見ましょう」といわれる
  • 電気治療と牽引しかしてもらえない

という声を患者様からよく聞きます。
当院ではむち打ち症などについては、病院等で定期検査を受けながら、整骨院で施術することをおすすめします。

Q

施術期間は?

A

症状や個人差にもよりますが、おおむね3~6ヶ月程度で完治することが多いです。

Q

仕事で通院が遅くなってしまいますが…

A

当院は交通事故治療は夜8時まで受け付けています。患者様によっては仕事の都合で遅くなる方もご安心ください。
また、日曜・祝日の施術の対応もいたします。

もし、少し遅れる場合はお電話下さればお待ちします。

仕事をしながら交通事故の治療にみえる患者様の多くが、夜の時間帯を利用されています。

Q

施術費は誰が払うのですか?

A

交通事故による治療は、「自賠責保険」適用となりますので患者さまの自己負担は有りません。自己負担「0」です。
当院で相手方の保険会社に直接請求します。

加害者が加入している保険会社が、患者様に代わって一括して支払います。

order_logo
%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e4%b8%8a%e9%83%a8

【月~金】9:00~12:30/14:30~19:30 【土】9:00~14:30 休診日/ 日・祝日
交通事故治療は平日夜8時まで受付!日祝も対応可!

【月~金】9:00~12:30/14:30~19:30
【土】9:00~14:30 休診日/ 日・祝日
交通事故治療は平日夜8時まで受付!日祝も対応可!

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせ・ご予約はこちら

板橋区交通事故治療サポート「大山きらら整骨院」

板橋区交通事故治療をお探しなら大山きらら整骨院にお任せください。
当院の手技はよくある「指で圧をかけて押す」というものとは異なり、強弱をつけて「こねる・はじく・グラインド・揺らす・さする」等の手法によって筋・腱のトリガーポイントに的確にアプローチして、症状に応じてストレッチ等を取り入れながら"痛み"につながる「張り」や「強ばり」などを解消していきます。
がまんせず、お気軽にご相談下さい。
また、板橋区交通事故治療サポートを行う大山きらら整骨院では、面倒な保険会社への治療費の請求手続きは当院が行います。
(患者さまは保険会社に、大山きらら整骨院へ通院、または転院したい旨を伝えるだけです)。
完治までの治療を受ける医療機関は、基本的には患者さまに選ぶ権利があります。
当院でも交通事故に遭われた後に病院等(整形外科や整骨院)から転院されてきた方が多く見られます。
交通事故によるむち打ちなどのケガの治療には専門的な知識と経験が必要です。
当院では、症状に合わせて手技やマッサージまたは、医療機器によって患者さまと二人三脚で、早期回復に向けて治療していきます。
患者さまの費用の負担は有りません。他の院からの転院も可能です。
むち打ち等の治療でお悩みの方は、お気軽に当院にご相談ください。

TOP